地域公益活動
三養福祉会の
行なっている
地域公益活動を
ご紹介します。

施設の地区の慰霊碑の草刈り

白浜日置の郷では、志原区の慰霊碑の周りを草刈りしました。 コロナ渦で中々地域の方が集うことができず施設職員が 草狩りをしてくれました。

白浜日置の郷 地域の川あらけ

白浜日置の郷では、本日6時より地域の河の草刈です。

職員が早朝から参加してくれました。

今日も暑さ厳しいです。

第1回共生社会推進委員会研修会開催

日時 令和2829日(土)  PM2:00~4:00

場所 都島区民センター

内容  参加者  30

主催 三養福祉会網島の郷 地域交流センター内「共生社会推進委員会」

大阪市都島区役所、大畑区長をお迎えして講演

「地域共生社会の実現に向けて」

会場は猛暑よりも、もっと熱い想いで「live together」

 

 コロナ感染拡大、猛暑の大変な社会状況の中を介護、福祉、保育、医療、地域関係、外国人等様々な人々が30人余り参加されました。大阪市都島区役所、都島区長「大畑 和彦氏」を講師にお迎えして、「地域共生社会の実現に向けて」のテーマで、助けられ上手、助け上手な(一人称)な共生社会を目指していく話等で、会場は熱気に包まれました。その後網島の郷地域交流センターのCSW坊垣の方からよもやまばなし「共に生きるって、しんどいけど味があって、おもしろい」のお話を今までの福祉経験に基づいて、学んだことや気づいたことなどお話させていただきました。会場は感染予防にて、受付で手指の消毒、検温、又接触確認アプリ等の協力を得て開催。又各一人ひとりの机にはペーパータオルと消毒液が置かれ、万全の感染予防対策で行いました。無事に研修を終えて、参加者の皆様に喜んでいただき、スタッフ一同ほっとすると同時に逆に参加者の皆様方から元気をもらいました。皆様方から「貴重なお話で勉強になった」「今後みんなで共生社会を考えていきたい」「地域で共に活動しているみんなが幸せになれるように!」「真の共生社会となるように地域の中でlive togetherの考え方を共有していきたい」「保育の充実や保護者の相談役として、今後も役割を果たしていきたい」「一緒に手伝えることがあればやりたい」など感想が寄せられ、関心の高さが伺えました。今ソーシャルディスタンスの言葉が飛び交う中、これからは別の視点から「こころに寄り添うソーシャルディスタンス」を考えてみては如何でしょうか。

 

門真市で開催されたRUN伴に中継地点として四宮三養苑参加!

令和元年11月10日(日)少し肌寒くもありましたが見事な晴天日に

門真市でRUN伴が開催されました。その第1中継地点として四宮三養苑も参加!

杖歩行の方、車いすの方もスタッフ、ご家族様のサポートのもと来苑。

四宮三養苑では2F養護老人ホームの方々が旗をもって笑顔で出迎えられ

ハイタッチをされていました。

 

白浜日置の郷 認知症カフェ開催

令和元年8月17日 白浜日置の郷では、白浜町から委託の認知症カフェを開催しました。地域の方が参加されています。

地域の川の草刈

白浜日置の郷では、令和元年8月11日6:00から志原区の川あらけがあり、職員が川の草刈を行いました。草刈を行う事で台風などに水量が増えてもあふれることなく流れるよう毎年地域の方と共同作業を行っております。

認知症カフェを開催

令和元年6月15日(土)白浜日置の郷では、白浜町の委託にて認知症カフェ ”カフェ シュシュ”を10:00~12:00開催しています。 コンゴも毎月利用していただくように開催いたします。 本日は、5名の方がお見えになりました。

福祉の仕事出張講座(上芳養中学校)

出會総合主任、松本ユニットリーダーの二人が、次世代を担う子供たちに、福祉の仕事の「やりがい」や「魅力」を伝えてきました。 将来この中から福祉の職業を担ってくれる方が出ればうれしく思います。

橿原の郷 地域清掃活動(H31年1月)

毎月1回実施している地域清掃活動ですが、平成31年も引き続き実施していきたいと思います。

すさみ町包括支援センター主催の研修会

平成30年11月16日すさみ町包括支援センター主催の研修会の 講師として貢献しました。 介護支援専門員の集まりにて今後の活動にという事で事例検討会を 開催するにあたっての基本的考えを講義しました。